こだわりのオリジナルシャンプー『Higoro』を知っていただく上で重要な成分(アミノ酸等)について 城東区野江の駅前ヘアサロン estrela

query_builder 2021/10/06
ブログ
IMG_7095

今日は、こだわりのオリジナルシャンプー『Higoro』を知っていただく上で重要なシャンプーの界面活性剤(洗浄成分)についてのお話です。


ちょっと難しいお話ですが、髪の毛を綺麗に保ちたいと考えている方には是非読んで欲しい内容です。


そもそも界面活性剤とは?


水と油をなじませて汚れを落とす洗浄成分です。



洗浄力の違いや肌への刺激、メリットやデメリットが存在するのでその辺をお伝えしたいと思います。


シャンプーに配合されている界面活性剤の中でも、メインで使われていることが多い3種類の活性剤について説明していきます。



※シャンプーの成分表示の一番初めは水、その次に表示されている成分がメインの界面活性剤です。

シャンプー選びの参考になればと思います。


1、高級アルコール系


特徴の一つが洗浄力、脱脂力が強い点。

油分が多い人やハードなスタイリング剤を使用している方にオススメ。


逆に、頭皮の油分を取りすぎたり、カラーの退色を進めてしまうので、カラーやパーマをされている方、ダメージが気になる方にはオススメできません。

刺激も強いので敏感肌でフケやかゆみにお悩みの方にもオススメできません。


もう一つの特徴が、原価が安い。

食器洗い洗剤にも使われているくらい安価で作れるので、市販品のシャンプーで最もよく使われている洗浄成分です。


代表的なのが、

・ラウリル硫酸Na

・ラウレス硫酸Na



2、アミノ酸系


肌と同じ弱酸性の低刺激な洗浄成分で、高い保湿力が特徴。


洗浄力がマイルドで低刺激なので、頭皮や肌に優しい洗浄成分です。


汚れだけを選んで落とし、肌の中のうるおい成分はしっかり残してくれる機能を持っています。

植物由来なのできちんと分解されて自然に戻るため、地球環境にやさしい成分としても人気を集めています。


髪の毛はアミノ酸(たんぱく質)からできており、毛髪補修効果が期待できます。

流出したアミノ酸を補給しながら洗えるので、ダメージケアにつながります。

カラーの持ちやトリートメントの持ちが上がり潤いが続きます。

原価が高く、どうしても商品は高くなります。


代表的なのが、

・ココイルグルタミン酸

・ココイルアラニン


3、ベタイン系


洗浄力と泡立ちは控えめですが、髪への柔軟効果、帯電防止などのコンディショニング効果があるのが特徴。


洗い上がりをよくするために他の洗浄剤と併用されることの多い活性剤です。

ベビーシャンプーのメイン成分に使われるほど低刺激で安全性が高いです。



代表的なのが、

・コカミドプロピルベタイン

・ココアンホ酢酸Na


各界面活性剤で特徴があり、髪質や頭皮状況に合わせてシャンプーを選ばないとダメージや頭皮環境に悪影響を与えます。

日本人の約7割の人は乾燥肌と言われていて頭皮がべたついている人の大半は、洗浄成分の強いシャンプーを使う事で油分が取れすぎて逆に油分が出てしまう悪循環を生んでいることも。


色持ち、ケア重視ならアミノ酸シャンプーが断然おすすめです。


オリジナルシャンプー『Higoro』はアミノ酸系シャンプーで、こだわりの詰まった商品に仕上がりました。

ただいまお店で、体感していただけますので是非お越しください!






NEW

  • ※まずはこちらをお読みください☆城東区野江の駅前ヘアサロン estrela

    query_builder 2021/08/12
  • 9月、10月のキャンペーン☆濃縮りんご幹細胞トリートメントと魔法の粉で集中ケア 城東区野江の駅前ヘア...

    query_builder 2021/09/01
  • 10月のキャンペーンのお知らせと大事なご報告☆カフェutakataとHigoro 城東区野江の駅前ヘアサロン estrela

    query_builder 2021/10/01
  • ブリーチ毛にも対応。酸性ストレートパーマがおすすめ☆城東区野江の駅前美容院 estrela

    query_builder 2020/09/07
  • 引き続き大人気☆リンゴ幹細胞トリートメントで髪質改善。お客様の口コミ☆野江美容院estrela

    query_builder 2020/10/02

CATEGORY

ARCHIVE